記録簿や保証書の保管



記録簿や保証書の保管

査定の時に、備えていればポイントの高い書類として、定期点検整備記録簿、取扱説明書があります。

定期点検記録簿は、過去の整備状況が把握できる書類です。

点検整備した項目のほか、整備を行った日時や、過去のユーザー名、検査時の総走行距離数などその車に関する必要事項が記載されているものです。

これがあれば、車の検査履歴、過去のオーナー歴や走行距離数などが詳細に分かるため、次の購入者への信用にも繋がり、高額査定のポイントとなります。

次に車には様々な純正品、社外品などの装備がされていますが、基本的にはそれぞれに取扱説明書が付属しています。

しかし、これらの使い方を覚えたからと言って簡単に捨ててしまうのはNGです。

せっかく装備している機能も、次のオーナーがきちんと使えてこそ価値があるものです。

取扱説明書は失くさないように、車に積んでおきましょう。

こういった書類が揃っていることも、高額査定につながります。

地域から探す

1.あなたの希望する(都道府県)をクリックしてください。

2.希望の条件等を入力して、あなたの愛車の査定額をチェック♪

3.たった3分のかんたん入力!無料一括査定です。

地図から検索
北海道 青森 秋田 岩手 宮城 山形 福島 新潟 茨城 栃木 群馬 長野 山梨 埼玉 千葉 神奈川 東京都 静岡 愛知 岐阜 富山 石川 福井 三重 滋賀 奈良 京都府 大阪府 和歌山 兵庫 鳥取 岡山 島根 広島 山口 愛媛 香川 徳島 高知 福岡 大分 宮崎 佐賀 長崎 熊本 鹿児島 沖縄

札幌 仙台 横浜 名古屋