消費者契約法



消費者契約法について

「消費者契約法」は2001年に施行され、消費者と事業者の間の契約で起こるトラブルを解決するべくしてできた法律です。

例えば事業者の不適切な行為で、消費者が知らずに結んだ契約を取り消すことができるという条項があります。

これは車販売を例に取ると、業者から事故車ではないことを口頭で確認し、中古車を購入したが後日事故車であることが判明した場合は解約することができるというものです。

ただ、解約の方法は口頭でも書面でも可能ですが、口頭で告げただけでは証拠に残りませんし、ハガキなどで通知しても事業者に「届いていない」と言われてしまえば効果はありません。

そのため、解約を申し込む場合は、トラブルを予防するため
「配達証明付の内容証明郵便」で通知するとよいでしょう。

なお、この法律は一定期間のみ契約を解除する権利があるクーリングオフを過ぎても有効です。

特に車の場合はトラブルに気付くのに時間がかかることから、この法律を知っているのと知らないのでは大きな差があります。

ぜひ頭に入れておくとよいでしょう。

地域から探す

1.あなたの希望する(都道府県)をクリックしてください。

2.希望の条件等を入力して、あなたの愛車の査定額をチェック♪

3.たった3分のかんたん入力!無料一括査定です。

地図から検索
北海道 青森 秋田 岩手 宮城 山形 福島 新潟 茨城 栃木 群馬 長野 山梨 埼玉 千葉 神奈川 東京都 静岡 愛知 岐阜 富山 石川 福井 三重 滋賀 奈良 京都府 大阪府 和歌山 兵庫 鳥取 岡山 島根 広島 山口 愛媛 香川 徳島 高知 福岡 大分 宮崎 佐賀 長崎 熊本 鹿児島 沖縄

札幌 仙台 横浜 名古屋